産後ダイエットの運動法

赤ちゃんとスキンシップを取りながら産後ダイエットできる方法!

産後ダイエット 赤ちゃん抱っこ

お腹にいる時から赤ちゃんが産まれるのを楽しみに待つママさんは多いですよね。

産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこし、軽いねって思っていたらいつの間にかズシリと重みを感じるようになる赤ちゃん。

子供の成長はとても早いものです。

それを感じる事の出来る抱っこは、ママと赤ちゃんにとっては大事なスキンシップですが、実はこの抱っこで痩せる事が出来るんですよ。

ここでは、赤ちゃん抱っこやスキンシップで痩せる方法ををご紹介したいと思います。

赤ちゃんとスキンシップを取りながらできる産後ダイエット

1.赤ちゃん抱っこ

冒頭でもお伝えした赤ちゃん抱っこでの痩せ方はとても簡単です。
普段、赤ちゃんと移動される際に利用されているベビーカーですが、このベビーカーを利用せずに抱っこで出かけてみて下さい。
赤ちゃんを抱く事で姿勢がよくなります

姿勢がよくなると、自然とお腹に力が入る為お腹が締まります。
また、どんなに軽い赤ちゃんでも、ずっと抱いていると腕も疲れてきますよね。
しかし、腕が疲れるということは負荷がかかっていることなので、腕を鍛えることができて引き締めが可能になります。

転んでしまうのが怖いから…と不安に感じられる方は抱っこ紐を使うといいですよ。

抱っこ紐でも負荷はきっちりかかっていますし、逆に抱っこ紐で正しい姿勢を維持されるため、普通に抱っこするよりキツイと感じる方も少なくありません。
1日30分を目標に頑張ってみて下さい。
キツくて無理!って方は朝晩に10分ずつ行うのでも大丈夫ですよ。

2.いないいないばぁ腹筋

ママが床に体育座りをし、胸と太ももの間に赤ちゃんを座らせます。

そのまま腹筋をしますが、体を起こしてきた時に赤ちゃんに向かって「いないいないばぁ」と声を掛けてあげて下さい。
赤ちゃんに話しかける事で、赤ちゃんも喜んでくれるため、ママも赤ちゃんも楽しくなれる腹筋方法です。

3.骨盤運動

床にママが仰向けになります。
お腹の上に赤ちゃんをのせ、落ちないようにしっかり支えます。

その状態で腰の上げ下げを行いましょう。

赤ちゃん自身も上下するため、視界が変わる事で楽しめますし、ママ自身もダイエットと遊びを同時に出来るので一石二鳥です。

産後ダイエットと骨盤矯正の関係とは!?いつから始めるのが効果的?

4.骨盤運動②

ママの足を伸ばした状態で床に座り、ママの太ももの上に赤ちゃんを座らせ支えます。
そのまま背筋を伸ばし、お尻を使って前後に移動します。

骨盤の歪みを直す事や便秘の解消に効果がある運動です。
赤ちゃんを前に向かせたり、ママに向かせたりと色々してみましょう。

5.赤ちゃんと体操

音楽を聴きながら、赤ちゃんを抱っこしたり、二人で踊ったりしながら全身を動かしましょう。

赤ちゃんがリズムに合わせて踊る事で、赤ちゃんの音感の発育にも繋がりますし、ママ自身のストレッチや骨盤の歪みにも効果がありますよ。

6.赤ちゃんとヨガ

ヨガと言えば大人のイメージがありますが、赤ちゃんともヨガが出来ます。

赤ちゃんを仰向けに寝かせたり、お座りさせたりなど色々な姿勢や体位に変えて、足や腕のマッサージを行ってあげます。

その際にママ自身もヨガのポーズを取り入れて触ってあげましょう。
呼吸法を取り入れるだけでも十分ですよ。

スキンシップでストレス解消

自宅で簡単に出来る、赤ちゃんとスキンシップを取りながら出来るダイエット法をご紹介させて頂きましたが、どれも赤ちゃんに話しかけたり笑いかけたりしながら行いましょうね。

笑顔はストレス解消にもなりますし、何より赤ちゃんが喜んでくれますよ。

赤ちゃんの笑顔はママにとっては最高のエネルギーになりますからね。