ダイエットの必須知識

授乳中に気を付けたい産後ダイエットと母乳ダイエットの消費カロリー

産後ダイエット 授乳中

産後、元の体型に戻す為に、ダイエットをされるママは多いと思います。

その中でも、授乳中のママは、赤ちゃんへの影響なども考えながら取り組む必要があります。

そんな授乳中のママでも、安心して取り組める産後ダイエットの中で、母乳ダイエットというものがあります。
人気芸能人も実践して成果を上げた事でも有名になりました。

ただし、正しい方法で実践しないと体調悪化の危険性もありますので、しっかりとやり方を確認してから実践するようにしましょう。

授乳中の産後ダイエット注意点

授乳中に限らず産後1ヵ月のママは安静にするのが基本です。

これは産後直ぐは出産のダメージが残っている為、無理をしてしまうと体を壊してしまう恐れがあるからです。

そこで、どんなに早く痩せたくても1ヵ月は安静にしましょう。

また、ダイエットは焦らずゆっくりを心がけることが大事です。

焦ると無理なダイエットに走る傾向にありますが、特に授乳中のママが無理なダイエットを行うと赤ちゃんにも影響が及びますので、無理は禁物です。

ダイエットが赤ちゃんに影響する理由

基本的にはあかちゃんには母乳を与える方が多いと思います。

完全母乳が理想ですが、最近のミルクは非常に優れているので、母乳が出にくい方や母乳を嫌がって飲んでくれない赤ちゃんでも助かります。

しかし、完全母乳が理想と言っても母乳の質が悪かったりすると赤ちゃんの成長にもよくありませんので、食事管理には特に注意する必要があります。

なので、食事制限といったダイエット法は、ご自身だけでなく赤ちゃんにも影響すると自覚し、控えるようにしてください。

置き換えダイエットについても、ベルタ酵素など産後ダイエットの専門的なもので正しく実践するのであれば問題ありませんが、栄養管理の理解の少ないまま実践すると食事制限同様に母乳の質を悪くしてしまいます。

授乳中の運動

授乳中のダイエットは、母乳の出に影響が出ない緩やかな運動がおすすめです。

①ウォーキング
有酸素運動の代表的存在でもあるウォーキングは
体に負担をかけず、全身を使う事が出来る為、妊娠中に衰えた筋肉を鍛える事が出来ます。
また、赤ちゃんの日光浴にもなりますし、ママ自身の気分転換にもなりますね。

②骨盤矯正
骨盤が歪んだまま固まってしまうと、それだけで太りやすい体質になってしまいます。
骨盤が歪んだままだと、太るだけではなく、腰痛や肩こり、尿漏れなどの原因にも繋がる為
骨盤ベルトをつけたり、骨盤のエクササイズをするといいですよ。

③ヨガ
ヨガはインナーマッスルを鍛える事が出来る為、女性らしい体を作る事が出来ます。
産後の体に負担をかける事なく出来るものがある為
ご自身の体調と相談しながら、呼吸法を意識し負荷の軽いものから始めましょう。
また、赤ちゃんと一緒に出来るベビーヨガもありますので、二人で行うのもいいですね。

授乳中の産後ダイエットでやってはいけない事

先ほども言いましたが、授乳中にやってはいけない事として、食事制限は絶対にしてはいけません

食事制限を行うとママ自身にエネルギーが足りなくなり、赤ちゃんに与えるはずの母乳が出なくなってしまいます。
栄養バランスも悪くなり母乳の質にも影響します。

また、食事制限により、ママ自身もイライラしやすくなってしまいますので、食事制限を行うのは止めましょう。

お肉より魚、野菜や豆腐などを中心に摂るなど、食事の工夫をしましょう。

母乳ダイエットの効果

産後ダイエット 授乳中

授乳中の産後ママのダイエット体験などでも、よく聞く母乳ダイエット。

本当に母乳だけで痩せるの?って同じママなら気になりますよね。

実は母乳を上げるだけで、ママ自身500~800kcalも消費しているんですよ。

その為、母乳ダイエットという言葉が出る位痩せれるんですね。

でも、母乳を上げているけど全然痩せないって方いませんか?

実は筆者がそれなんですが、母乳をあげてても痩せませんでした。

何で痩せないのかな?って思っていたら
筆者は母乳を上げる→お腹が空く→食べる
この食べる量が多すぎたのです。

食事制限をするのは良くないと聞いていたので、食事制限は行っていませんでした。
でも、1日3食+間食をしてたんです。

母乳を与えるだけで約500㎏カロリー消費するのに、それ以上にカロリーを摂取していては痩せないのも当然ですね。

それで間食を止めて、1日に摂る食事量も1日3食から4~5食に分けて摂りました。
すると、本当に母乳だけで痩せましたよ。

母乳の出を悪くするもの

母乳は質も大事ですが、量もしっかりと適量だして飲んでもらわなければいけません。

母乳ダイエットでは、母乳をあげるだけでカロリー消費するので、そもそも母乳がでなければ成立しないダイエット法です。

母乳はお母さんの血液で出来ていて乳腺によって出すことができます。

つまり、血行をよくして乳腺を詰まらせないことが大事になります。

血行を良くする方法としては、軽めの運動(ウォーキングなど)が最適ですが、まだ運動ができない時期の場合にはストレッチが有効です。

お風呂上がりに全身のストレッチをするだけでもコリがほぐれて血行が良くなります。

そして、乳腺を詰まらせないためにも糖分や脂肪分は摂りすぎないようにしましょう。
乳腺が詰まると、やはり母乳の出が悪くなります。

芸能人の方で母乳ダイエットに成功されている方たくさんおられますが、やはり皆さん自身が摂る食事に凄く気を遣われていますよね。

制限はしないけど、食事の質や摂る回数を工夫されたりと。
母乳ダイエットの成功の秘訣は、そこなんだと思います。

これから母乳ダイエットを考えている方は、食事の質や間食を見直す事から始めてみて下さいね。

因みに余談ですが、筆者はいきなり間食をやめれなかったので、あたりめ(イカを干したもの)を食べていました…。
これ噛み応えあるし、舐めるだけでも味を感じれるので間食にはおすすめです。