産後の食事の摂り方

産後ダイエットで食事制限は絶対NG!食事の摂り方はどうする?

産後ダイエット 食事

妊娠中も色々を気遣う食事ですが、産後の食事も妊娠中と同じく大切な役割をしています。

産後ダイエットの為に食事制限を行わず、且つ授乳中の赤ちゃんにも心配がない食事の摂り方などを確認しておきましょう。

産後ダイエットの食事の摂り方

産後は慣れない育児からストレスが溜まりやすい時ですが
こんな時期に、痩せたいからと言って無理なダイエットを行う方がおられます。

しかし、これでは反ってダイエットの意味がありません。
確かに一時的には痩せるかもしれませんが、一時的に痩せた体型を維持する為にこれから先も無理なダイエットを続けられますか?

相当の根性がない限り筆者は難しいと思います。
結局その反動でリバウンドしてしまう可能性もあります。

それに何よりも無理なダイエットは、赤ちゃんやご自身の体にもよくありませんよね。

そこで、筆者が無理なく出来る産後ダイエットの1つとしておすすめするのが痩せる食事ではなく、太らない食事の摂り方です。

食事の基本ルール

①一日三食をきちんと食べる。
②食事のメニューはバランスよく。
③野菜、果物は積極的に摂る。
④間食(お菓子など)は止めるのではなく控える程度。
⑤乳製品は低脂肪乳で作られている物を使用する。

当たり前のことですが、この当たり前の事を守っているだけで太りません。
昔からバランスよく食べる事は体に良いとされていますがダイエットでも同じです。

産後ダイエット 食事

また、時には甘い物やお菓子が欲しくなる時もあると思いますが
そんな時こそ我慢するのではなく、少量を摂りましょう。

ストレスはダイエットや育児にも、良い影響はありませんからね。

ただし生クリームや生クリームを使った洋菓子は乳腺が詰まる原因になるので止めましょうね。

どうしてもケーキなどの洋菓子が食べたい人は、豆乳などで作るといいですよ。
カロリーカットも出来ますし、大豆は植物性タンパク質の為、体にも赤ちゃんにも良いですね。

また、口が寂しい時は、食べ物をよく噛む事
ひじきや豆腐、蒟蒻などの低カロリー食品を食べる事もおすすめです。

食事の注意点

産後は元の体型に戻すため、体にも赤ちゃんにも良くないと知りつつ痩せたい気持ちが抑えきれず、ついつい食事制限をされる方がおられますが、この方法は間違っていますので、行っている方は直ぐに止めましょう。

また、考えている方も実践するのは止めましょうね。

特に授乳中のママは、食事制限を行う事で母乳の出が悪くなります
それでは、赤ちゃんに栄養がいかず、成長の妨げになってしまいますよ。

また、赤ちゃんは母乳からたくさんの免疫を貰っていますので、免疫が貰えないと色々な病気にもかかってしまい、最悪のケースも起こりえます。

せっかく産まれた赤ちゃんが、そうならない為にも食事制限は止めて、無理なく出来るダイエットを行いましょうね。

産後ダイエット 食事

産後は栄養面が大事

ママが授乳中で消費するカロリーは、なんと800kcalとされており、芸能人の方でも母乳だけでダイエットに成功されている方がたくさんいます。

例えば神田うのさんですが、産後気を付けられた事は、ご自身の食事だけだったそうですよ。

それだけで現役モデル時代と同じ体型に戻られています。

この様に無理なダイエットを行わなくても、普通に食事をしているだけで自然と痩せれます。
だからこそ、栄養面に気を遣う必要があります。

ママが摂った栄養が、そのまま赤ちゃんの栄養になります。

その為にも栄養のあるものを摂る事が大切です。
母乳やダイエットの事も考えると栄養価が高く低カロリーなものを薄味で摂るといいですよ。

また、動物性タンパク質より、植物性タンパク質の方がカロリーも少ない上、栄養価も高いのでタンパク質を摂る際は、植物性を摂りましょう。

その他では、水分にも気を遣い、たくさん摂るようにしたり不足しやすい鉄分はプレーンや小松菜などで補う。
カルシウムも魚や牛乳などで補いましょう。

育児という新しい環境の為、今まではと違いますから難しく考えず自分で出来る範囲で行って下さいね。

>>授乳中でも服用できるダイエットサプリ3選!<<